逆転ホームラン

   



とてもいい風が吹いています。


スタジオ ヨガ・ファイン!にうれしいことが


たくさん降り注いでいます。


おごりなく、自然体で


この風にのっていきましょう。




今、辛い人も


必ず、その辛さを体験できてよかったと


思うときが来ます。


どうもどのようになっているようですよ


この世界。


だから心配いらんよね。





辛かった経験を、もうとっくに終わっているというのに、繰り返し


味わおうとしている自分に気づいたときがありました。


味のなくなったガムをポケットから取り出して


何度も口に運んでいるようなもんだ、と思いました。


それに気づくと可笑しくなって


カチカチになった古いガムを捨てました。



毎日わたしたちは生まれ変わり


状況は動き、地球は回る。


古いガムを噛むことが習慣になっていたら、捨ててしまおう。



とりとめもないお話になってしまいますが、


先日こんな経験もしました。



JUNKO先生の結婚式の前にネイルサロンを予約していました。


若いオーナーがとても素敵な方で、お仕事への姿勢に共通しているところがあって


お話も合うので


イベントごとがある毎に伺っていました。(普段はネイルはほったらかし)



予約日、時間通りに行ったら、あちらはきょとんとした顔をされて・・・・・


ダブルブッキングだったのです∑(゚Д゚)



ええーっ、嘘やろー。一時間もかけて来たんやよー。



でも、涙目で一生懸命に謝って、誠意を尽くそうとするオーナーを見ていたら


「OK! 仕方ないね。 水に流すよ」という言葉が口から出ていました。




一瞬のうちに駆け巡った思いがあったのです。


わたしが若くしてヨガ教室を始めたころ


大人の生徒さんたちは、わたしがまるで気づいていないところでも


たくさんのことを水に流したり、受け入れたりしてくださっていたんだろう


と、ふと思ったのです。


そして、このタイミングでどばっと感謝が湧き起ったのです。


あの向こう見ずで、高慢ちきなわたしを、ほんとうにありがとうございました。




もしわたしが、あのとき怒っていたとしても


オーナーにとっての学びになったかも知れませんが


自分のことを振り返ると、とても偉そうに怒ることなど出来ないし


返ってとても大きな気づきをいただいて


心のなかにさわやかな風が吹いたのです。




一見、嫌な出来事だと思えることも、


対処の仕方ひとつで逆転ホームランも打てるという


体験でもありました。


 - 日々のこと風の向くまま