とっさに飛び出た 言葉の真実☆彡

      2019/09/11

 

 

今月の17日に

ムーブメントメディスンの創始者、イギリス人ヤコブが

浜寺公園の体育館にやって来て、大阪オープンクラスが開催されます。

 

↓この写真は一過去に南溟寺さんで開催されたムーブメントメディスンWSの模様です。

9-25%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%95

 

 

ムーブメントメディスン(以下MM)とのご縁ができたのは

5年くらい前のこと。

友人が「イギリス人のシャーマンが教えるフリーダンスのイベントに参加したんだけど

人生観が変わるほどの!すばらしい衝撃だった!」目を輝かせて言うのを聞いて、

私までウキウキ★☆彡  ときめきを感じたら行動せずにはおれない性分なので

東京まで飛んで行って参加したのです。

その時はイギリスに帰国された後だったので、彼を師事する日本人講師のMEGUMI

のWSに参加したので、ヤコブにお会いするのは今回私も初めてなのです。

 

ヨガは型(ポーズ)があり、それを美しくキープして

強靭な心身をつくります。身体を型の中に閉じ込めることで

いかに心をゆたかに遊ばせ拡大するか(’宇宙意識とつながるか)

というところに妙味があります。

MMはまるで型もルールもなく、それぞれから生まれる自発的な動きで

人間が持っている最大限の能力を引き出すとされています。

動く瞑想と言われていることも、

また、生きる力と生きるよろこびを享受することもヨガと共通しています。

 

到達する境地は一緒でも、通る道がヨガとは違うことが面白く、

また音楽に乗って動くことが楽しく開放性が高いので

それから毎年のように講師のMEGUMIさんが大阪でWSをされるときは

うちのスタジオが共催させていただいていました。

 

2017miyako❤のはっぱ

 

昨年の大阪でのWSの時に、MM創始者ヤコブの

ジャパンツアーの開催地が静岡、群馬、東京、埼玉だと聞いた時に

「なんで西日本がないの?水害や台風があって、おまけに南海トラフとか言われてる関西が

もっとも必要な気がする!」

と咄嗟に叫んでいました。

口をついて出た言葉に私自身が驚きました。

ヤコブ

その場でMEGUMIさんがヤコブにメールをし、ヤコブが即効「行こう!」と

と決断くださって大阪オープンクラスがジャパンツアーに加わったのでした。。

 

2017miyakoインギャー裏の空

感情がそれぞれの人の周波数を

つくっています。

周波数がわかりづらかったら、雰囲気や空気感ととらえてもいいです。

私が怒ったり不安いっぱいの
周波数の時
私はネガティブな気分でいて、体調も悪く、

その上、あまり歓迎出来ない出来事が
起こったりします。

 

そういう人が100人集まった地域は、
全体もどんよりして、例えば自然も荒れやすく

異常気象ににつながることもあると思います。
逆に、Hug me yogaでお伝えしているように
各感情と仲良くして
自分を肯定できていたり、

または溜まった感情を外して
軽くなっている時
身体も軽く
鼻歌でスキップするように過ごせます。

 

そういう人が100人いる地域は、
どんなにさわやかな風が吹くでしょう。

 

 

家族に例えると、もっと簡単です。

それまでなごやかな空気が流れていた家庭に、

その日会社でとても嫌なことがあったお父さんが怒りを爆発させながら帰って来た時

居心地の悪い空間に一転することがあります。

2017miyakoいらぶサトウキビ道

 

家庭であれ、地域地方であれ、国であれ、惑星であれ

構成員一人ひとりが よろこびとしあわせを感じていることが

全体のためにも大切だということを

痛切に感じています。

 

MMジャパンの方にうかがうと、

ヤコブって子どものようにユーモラスでチャーミングなのだそうです。

彼の指導とリードのもと、背中に羽根が生えたかな、

と思えるくらいの軽やかさになったらいいねえ。

なるかも。なりそうだ。なるよ、きっと。

 

2017miyako虹アップ

 

最後にヤコブの言葉をお伝えします。

「人生をより意識して生きて行くための方法として

ムーブメントメディスンを体系化しました。私の内側でも、また私の周りでもそうでしたが、

とても多くの困難がありました。魂の孤独というか、生きている目的・意味が見失われていたり、

人類としての方向性がわからず迷っているように見えました。

自分自身との、周りの人との、また自然とのバランスが失われているように見えました。」

そのような状態から、個々の能力を引き出し、生きる力を引き出すワークです。

 

(以下MEGUMIさんより)

今回のツアーのタイトルは
For All Our Relations 〜全ての繋がっているもののために〜という、先住民の方々が生きる世界観を表した言葉です。

ヤコブから、
このタイトルに込められた意図を聞きました。

🌍🌎🌏

For All Our Relation is a phrase very close to our hearts and to the heart of Movement Medicine.

“For All Our Relation”とは、
私たちの心にいつもあり、ムーブメント・メディスンの中でも大切にしている言葉です。

It is an acknowledgement that we humans exist on this planet as an integral part of an interconnected web of life.

それは人間がこの地球上において、
あらゆる生命が共に織りなす織物の中の、欠かせない一部であることを意味しています。

So much of our suffering is because we have not yet evolved into a state of being that recognises this in our being and action.

多くの苦しみは、
この、全ての生命が繋がっているということを、
私たち人間が体現できるところまで、まだ進化していないことから来ています。

Our work and this tour holds this prayer at its core. We are looking forward very much to being in your country and culture and learning together.

〝For All Our Relationsー全ての繋がっているもののためにー〟
今回のツアーには、そのど真ん中に、この祈りを込めました。

みなさんの国に行き、日本の文化に触れ、
みなさんと共に学べることを、心から楽しみにしています。

YDK & SDK
ヤコブ&スザナ・ダーリングカン

 

まだ、ご参加いただけます。どうぞお申込みくださいね。

 

ヤコブの写真

 

 

スタジオのHPをご覧の方はお問合せフォームから

FBをご覧の方はメッセンジャーでお問合せ、お申込み頂いても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 - blog